捻挫について

捻挫とは関節の可動範囲を超えた動きがかかり、靭帯や腱、関節包などが傷つくことをいいます。

スポーツや日常生活の中で足を捻る、手首を捻るなど、「ケガ」というと捻挫を思い浮かべる人も多いのではないのでしょうか?

捻挫したときにみなさんはどうされていますか?

捻挫した場合はその時いかに早く適切に処置するかでその後の治りやすさが変わってきます。

基本「RICE処置」といって患部の「安静」「冷却」「圧迫」「挙上」という処置があります。

しかし、捻挫といっても度合によっては処置の内容も大きく変わってきます。骨折の有無や靭帯の断裂など、セルフケアでは十分な治癒が見込めない場合もあり、程度によっては手術が必要な場合もあるほどです。

しん接骨院では超音波観察で程度を判断して各種治療+包帯やテーピング等、適切な処置により早期治癒を目指していきます。

 

肉離れ、打撲について

打撲とは転倒や鈍器などによる体外からの力によって起こる、傷口を伴わない軟部組織の損傷のことを指します。おもな症状としては患部の腫れや内出血に伴う疼痛などがあります。通常であれば患部のRICE処置で治癒に向かっていきますが、あまりにも痛みが強い場合や腫れが強い場合は骨折している可能性もあります。また、内出血がある状態で処置を怠るとその内出血がいつまでたっても吸収されずに血の塊となってしまう場合や骨化性筋炎といって筋肉の中に骨が出来てしまうという病気になるおそれがありますので注意が必要になってきます。

打撲だからといって安心はせずに、ちゃんと受診することをお勧めします。

肉離れとは筋肉が腱に移行する部位に発生しやすく、急激な筋の収縮によって筋肉が損傷してしまう状態をいいます(厳密に言うと肉離れと筋断裂は違うのですが、ここではあえて混合しておきます)肉離れも同様に初期からの処置が大切になってきます。特に下肢で発生することが多いため、時には松葉杖を必要とします。肉離れでも内出血の管理が大切で、エコーにて骨化性筋炎等に気を付けながら治療を行っていきます。

この患者さんはサッカーをしている時に相手と接触して打撲による内出血を起こしたが、安静期間が短く運動を始める時期を誤ってしまったため筋肉内に異所性骨化を生じてしまった症例です。(エコーにより早期に発見したため大事には至らず)

この患者さんはサッカーで肉離れを起こして大きな内出血があったが、処置を怠ったために内出血が吸収されずに血の塊となってしまった症例です。(受傷8か月エコー画像)機能訓練により運動には支障なし。


この患者さんは転倒により右胸部の痛みを訴えて医科でレントゲン撮影をしたが打撲と診断されたが、痛みが強いためエコー検査にて確認すると骨のラインの乱れが見つかった症例です。(超音波治療により疼痛消失)

この患者さんは野球のスライディングの際に足のすねをぶつけた直後に来院し、内出血が確認された症例です。(内出血の大きさを確認しながらの治療により治癒に至る。)


骨折について

骨折とは骨の連絡性が絶たれた状態をいいます。と、言っても骨折にもいろいろありますが…

折れる骨や骨折の形態によっては接骨院では扱えない骨折も多数あります。

複雑骨折や粉砕骨折のような重症度の高い骨折は早急に外科的処置が必要になってきますが、そうでない骨折は基本保存療法になってきます。

近年では低出力パルスで超音波を照射することにより、骨折の治癒期間がおおよそ4分の3に短縮されることが分かってきました。

超音波観察+超音波治療で接骨院でも骨折の早期治癒は可能です、骨折の状態にもよりますがしん接骨院では超音波観察で仮骨形成等の治癒過程を随時観察しながら加療致します。

この患者は足の腓骨という骨を骨折したのですが超音波治療により早期に仮骨形成された症例です。盛り上がっている部分が仮骨という新しい骨になりますが、後に吸収されていきます。

この患者は下駄骨折といって足の外側の骨の骨折ですが、最初深い溝になっていた部分が超音波治療により溝が埋まっているようすが確認できます。


最近ではレントゲンで骨折が確認できず打撲だと思っているものでもエコーにて非常に微小な骨折が見つかることもあります。これはマイクロフラクチャー(微小骨折)という非常に小さな骨折のことをいいます。この場合、早期の固定除去で痛みが長期に及ぶこともありますのでお気を付け下さい。

また、打撲等による内出血の大きさや程度の確認は超音波観察が最も優れています。くれぐれも自己判断にはお気を付け下さい。

当院正面の海みらい図書館です。

お子様用のスペースあり

日中はスタッフの子供がいるため、お騒がせしてしまうことがあります。大変申し訳ありません。