超音波観察とは?

超音波観察装置とは人体に無害な音波を当て、骨、筋肉、靭帯などを画像にて表示して検査する機器です。

今までは単純X線写真やMRIやCTが主でしたが、近年整形外科領域でも超音波観察が普及してきております。

接骨院においては今までは骨折や損傷の評価は経験に頼るしかなかったのですが、画像で評価することが可能になったことにより詳細な身体の状態を知ることができ、治療につなげることができるようになりました。

 

 

下の画像は骨格標本とエコー画像の踵の部位の比較になります。エコー画像では骨などの固い組織は白いラインで、靭帯や腱などは細かい線が重なったようなパターンで、水分を多く含む組織や、炎症や内出血などは黒く写し出されます。

これはちょうど踵の骨のアキレス腱が付着している部位です。エコー画像ではアキレス腱の組織そのものを画像で簡単に描出できます。

青い部分はアキレス腱で、踵の骨に付着している様子が分かります。


 

 

 

右の画像は足の靭帯の画像です、骨と骨に付着している状態が分かります。

 

捻挫や肉離れはレントゲンでは評価が難しいのですが、エコー画像であれば評価が簡単で、かつ治癒過程を画像で確認できることも利点です。

 

 

 

 

 

下の二つの画像はふくらはぎの部位ですが、正常な筋肉と筋挫傷を起こした筋肉の比較画像になります。


下の画像は膝の内側の痛みを訴えて来院された患者様ですが、痛みのある部位に超音波観察を行うと炎症反応が起こっていることが分かりました。


下の画像はいわゆる突き指で来院し、超音波観察行ったところ裂離骨折が確認されました。


超音波観察の対象

主に日常のケガやスポーツ外傷、その他痛みがある場合全般ですが、超音波観察は大変有用な検査である反面、すべてが適応というわけではありません。例えば腰部や頸部の深層の組織(深層の筋肉や椎間板など)や関節の深層にある靭帯(膝の前十字靭帯や後十字靭帯など)は評価が困難になります。また、レントゲン検査やMRIと違い、全体像が見えるわけではなく部分的な評価しかできません。超音波観察ののち、当院の判断で医科へご紹介させて頂く場合もありますのでご了承下さい。

超音波観察のメリット

◎レントゲンのように放射線を浴びることなく人体に無害です。

 

◎レントゲンでは写らない筋肉、靭帯の観察が可能です。

 

◎人体に無害なため、繰り返しリアルタイムでの検査が可能です。

 

◎人体に無害なため、妊婦さんでも検査が可能です。

 

◎ベッドサイドで簡単に検査ができるため時間がかかりません。

 

◎解像度が高い(レントゲン、MRIは0.6m、超音波は0.2m)ため微小な損傷が分かる。

各種症例

各種症例になります、随時更新予定です。→症例

当院正面の海みらい図書館です。

お子様用のスペースあり

日中はスタッフの子供がいるため、お騒がせしてしまうことがあります。大変申し訳ありません。