症例1 86才 女性

自宅にて転倒し、右上腕部の痛みを訴えて来院し超音波観察により骨折を確認、医科への対診ののち加療により治癒に至った症例です。高齢で陥入型の骨折のため、無理な整復は行わず加療とした。

超音波画像より、骨のラインに段差が生じている様子が確認できる。

医科にて撮影したレントゲン



4週間経過し、超音波画像にて仮骨形成確認。

レントゲンでも仮骨形成を確認。


症例2 68才 女性

段差に躓き右膝を強打して受傷し直後に来院。超音波観察にて骨折部を確認。医科への対診ののち加療し、低出力パルス超音波治療にて早期治癒に至る。


超音波観察により骨のラインに亀裂が入っているのが分かる

医科にて撮影したレントゲン画像



9週間後超音波画像にて亀裂が埋まっているのを確認。

レントゲン画像にて骨癒合を確認。


症例3 19才 男性

陸上でスタート時に左大腿後面に痛みが走り、直後に来院。超音波観察でハムストリングの肉離れを確認。


左の画像は受傷直後、右の画像は2週間後になります。黒い部分が縮小している様子がみてとれます。

症例4 63才 女性

自宅の玄関にて転倒し、地面に手をついて受傷、直後に来院し超音波観察したところ骨のラインに段差を確認

9週間の加療ののち、骨癒合を確認

医科でのレントゲンにより骨折を確認

 

 

レントゲンでも、骨癒合を確認する


当院正面の海みらい図書館です。

お子様用のスペースあり

日中はスタッフの子供がいるため、お騒がせしてしまうことがあります。大変申し訳ありません。